合計6人か?日置市3人殺人事件で住民も巻き込まれた可能性

鹿児島県日置市で男女3人が倒れている状態で発見され、その後死亡が確認された事件で、
住民を含む他3人が事件に巻き込まれている可能性が懸念されています。



スポンサーリンク

6日午後、鹿児島県日置市東市来町湯田の住宅で、室内で倒れている成人男女3人が発見され、
その後の調べで被害男女は薩摩川内市天辰町の無職・岩倉孝子さん(69)と薩摩川内市平佐町の無職・坂口訓子さん(72)、
近くの後藤広幸さん(47)であることが分かりました。

警察の到着時、女性2人はすでに死亡しており、心肺停止の状態で発見された男性は病院に搬送され、その後死亡が確認されました。
男女3人にはいずれも外傷があったことなどから、警察は何者かに殺害された可能性が高く、殺人事件として捜査を進めています。

さらに関係者によると、死亡が確認された3人とは別に現場となった住宅に住む親子の行方が分からなくなっており、
警察は他にも事件に巻き込まれた人がいるとみています。




スポンサーリンク

7日現在行方が分からなくなっている3人は、現場の住宅に住む80代の母親と60代の次男、その親族や知人とみられており、
事件後住人の親子とは連絡がつかずまったく行方が分からない状態であることから、
警察は、親子が事件に巻き込まれた可能性を視野に入れ捜査を進めています。

これまでの捜査では、すでに死亡している3人は6日、連絡がつかなくなった次男の様子を確認する為に現場の住宅を訪れていたとみられており、警察では関係者からこれまでの住民の様子などを聞くなど捜査を始めています。

現場はJRの駅前にある住宅地の一角で、近くには小学校があり、6日には入学式と始業式が行われていました。
警察では捜査本部を設置していますが、連絡の取れない住民の安否や関係者の因果関係を含め早急な捜査が求められています。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする