【北海道ひき逃げ】伊藤つかさ札幌市の路上でひき逃げされる 犯人は逃走中


画像引用:UHB北海道文化放送

4月11日夜、北海道札幌市豊平区(とよひらく)の市道で、付近を通りかかった人から頭から血を流して倒れている女性がいると通報があり、警察が駆け付けたところ車道に倒れている伊藤つかささん(27)が発見されました。警察では、ひき逃げ事件とみて捜査を進めています。

スポンサーリンク




現場は片側1車線の狭い道路

事件現場となった道路は、札幌市豊平区平岸5条15丁目にある片側1車線の狭い道路で、伊藤さんは頭部から血を流した状態で倒れているところを発見されました。現場の状況から何者かが伊藤さんを負傷させた後現場から逃走したとみられ、警察により事故が起こった状況について捜査を進めています。

現場には大量の血液が

目撃した人の話によると、伊藤さんはふらふらと道路に向かって歩いた後その場で倒れ込んでしまい、駆け付けた通行人が救助を求めていたそうです。
現場には大量の血液があり、そこから約4メートルほど離れたところに伊藤さんの靴が見つかったほか、車の部品と思われる破片が落ちていたという事です。
伊藤さんは事故の際頭を強く打ったことによる負傷と、右腕を骨折する重傷だそうです。

事件時刻に合わせた検問

警察ではこの事故をひき逃げ事件とみて捜査を進めており、警察官を増員して付近の住民に聞き込みを進める他、事件時刻に合わせて検問を行い、事件現場を通るドライバーにも情報提供を呼び掛けています。

スポンサーリンク




9日には自転車によるひき逃げも

北海道札幌市では、9日にコンビニエンスストアから飛び出した7歳男児が自転車にひき逃げされる事件も起こっています。
この事件では、店から走り出してきた男児がその場を通りかかった自転車とぶつかってしまうというものでしたが、自転車に乗っていた人物はぶつかった歳男児に声を掛けたものの立てずにいる男児を置いて走り去ってしまいました。
この事件では男児が店から出た後自転車とぶつかって転ぶ様子など、事故の一連の状況が店内に設置されていた防犯カメラに残されていることもあり、目撃者からの情報とともにカメラ映像を基に捜査が進められています。

ひき逃げは逃げきれない

故意であったかどうかは別として、負傷した人を放置してその場を去るひき逃げ行為はとても卑劣な犯行です。現場には必ず証拠となるものが残り、警察はどんな僅かな証拠も見逃すことなく犯人を見つけ出します。
最近では、自動車だけでなく自転車によるひき逃げの発生も増加し、死亡事故に発展してしまうケースも報告されています。
被害者の心のキズの回復の為にも、早急な犯人の特定、事件の解明が求められています。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする