犯人は住民女性の孫、日置市の殺人事件で逮捕された岩倉知広とは?


引用:毎日新聞

6日午後、鹿児島県日置(ひおき)市東市来(いちき)町湯田の民家で男女3人が倒れている状態で発見され、その後死亡が確認された事件で、7日未明、鹿児島県警は遺体発見現場である住宅に住む80代女性の孫の岩倉知広容疑者(38)を逮捕したと発表した。



スポンサーリンク

最初に発見された3人の身元判明

関係者の安否確認要請により警察が現場である民家へ向かったのは6日午後、
成人男女3人は屋内で倒れている状態で発見されたが、すでに女性2人は死亡、男性は心肺停止状態で病院へ搬送された後死亡が確認された。

その後の捜査で3人の身元が判明、被害者は現場近くに住む男性、女性2人は姉妹で現場住宅に住む80女性の親族であることが分かった。

被害者の身元は、同県薩摩川内(せんだい)市天辰町に住む80代女性の長男の妻の岩倉孝子さん(69)、岩倉さんの姉である坂口訓子(くにこ)さん(72)(同市平佐町)、長男の知人とされる現場近く在住の職業不詳、後藤広幸さん(47)の3人。死因特定の為、県警による司法解剖が行われる。

次々と連絡不通に、安否確認へ出向いた際に襲われたか?

県警関係者によると、6日正午ごろ長男は次男の勤務先から「数日間出勤していない」と連絡を受けたが県外にいた為安否確認をするよう岩倉さんに電話で連絡したという。

頼まれた岩倉さんは坂口さんと共に確認に向かったとみられているが、その後連絡がとれなくなってしまった。

岩倉さんとも連絡が取れなくなったことを心配した長男は、午後2時20分ごろ、後藤さんにさらなる安否確認を頼んだという。

しかし、その後藤さんとも連絡がつかなくなり、6日午後2時50分ごろ、「弟や妻、知人と連絡が取れなくなった」と日置署に通報した。民家へ駆けつけた警察官が午後3時45分ごろ倒れている3人を発見した。

当時玄関は施錠されていない状態で、岩倉さんと坂口さんは玄関近くの床に倒れており、後藤さんは玄関からは少し離れた部屋の床に倒れていた。




スポンサーリンク

住民女性の孫を逮捕、いまだ2人と連絡が取れず

発見時に3人全てに外傷があったこと、さらに後藤さんには殴られた痕があったことから、県警は殺人事件と断定して捜査を開始した。

7日早朝には、場近くで行方が分からなくなっていた岩倉さんの車が発見され、3人のうち少なくとも1人を殺害した疑いで、80代女性の孫である岩倉知広容疑者(38)を逮捕したと発表。

なお、現在も現場住宅に住む80代女性と、同居していたとされる60代の次男と連絡がつかない状態で、
警察では2人が何らかの事件に巻き込まれた可能性を視野に入れ捜査を進めている。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする