【鹿児島日置市殺人事件】岩倉知広容疑者の顔画像!「5人とも家の中で殺した」38歳男の動機とは?


画像引用:朝日新聞デジタル

6日に鹿児島県日置市で発生した殺人事件で、警察は7日、現場住宅に住む岩倉久子さん(89)の孫である岩倉知広容疑者(38)逮捕したと発表しました。
逮捕後8日午後には現場近くの山林からさらに2人の遺体が発見され、事件の全容解明に向けた捜査が進められています。




スポンサーリンク

最初の犠牲者には近所の住民も

事件が発生したのは6日午後、東市来町湯田の岩倉久子さん(89)の住宅へ安否確認の為に訪れた警察が屋内で倒れている成人男女3名を発見、その後の捜査で被害者は久子さんの親族の岩倉孝子さん(69)とその姉の坂口訓子さん(72)、近くに住む後藤広幸さん(47)であることが分かりました。

岩倉知広容疑者と亡くなった後藤広幸さんが住んでいたアパート
画像引用:朝日新聞デジタル

近くの山林から新たに2遺体を発見

後藤さん殺害容疑で逮捕された岩倉容疑者は、後藤さんの殺害を認めているほか、孝子さんと坂口さんの殺害をほのめかしており、供述に基づき警察が近くの山林を捜索したところ、埋められている2遺体を発見しました。
遺体の身元については、それまで行方が分からなくなっている2人とみて特定を急いでいます。

「5人とも家の中で殺した」

警察は新たに発見された2人の身元捜査を進めているところですが、取り調べの際岩倉容疑者は「5人とも家の中で殺した、殺した後父親と祖母は車で運び出し遺棄した」とも供述しており、5人全員殺害の可能性を含め捜査を進めています。




スポンサーリンク

普段から祖母に対する不満

関係者によると、岩倉容疑者は普段から祖母である久子さん(89)から生活態度などを注意されることがあり、それに対し不満を募らせていたという趣旨の供述をしているそうです。
日頃の不満の積み重なりによる殺人なのか、他に動機があるのか、早急な動機の解明が求められています。

親族だけでなく容疑者と同アパートの住民までが被害者に含まれている今回の事件、周辺には小学校がある静かな住宅地で起こっており周辺住民には不安が広がっています。

続報はこちら 【鹿児島日置殺人】岩倉知広は元自衛隊員 5人全員素手で絞め殺す




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする