木村英憲の顔画像 Facebookは?男子児童へのわいせつ行為で逮捕

17日、埼玉県の大宮西署は、小学生の男児の下半身を触るなどわいせつな行為をした疑いで木村英憲(38)がを強制わいせつの疑いで逮捕したと発表しました。今月5日、「カードゲームをしよう」と小学生男児を自宅に連れ込み、男児の下半身を触った強制わいせつの疑いが持たれています。

スポンサーリンク




容疑者プロフィール

本名:木村英憲
年齢:38歳
住所:さいたま市西区指扇
職業:無職

木村容疑者は無職、相当ヒマだったようです。
地域の子供達の間では、「カードをたくさんくれるおじさん」、「カードの先輩」などと呼ばれ、日頃から子供とカードゲームをしていた様子がうかがえます。
38歳で無職のおじさんが、日中、近所の子供とカードゲーム...それだけでも怪しい雰囲気です。

顔画像やFacebookも探してみましたが、当人だと確認できるものは見つかりませんでした。
情報が入り次第アップしたいと思います。

「カードゲームをしよう」と自宅に連れ込む

事件が起こったのは今月5日、木村容疑者は「カードゲームをしよう」などと誘い被害男児を含む小学生の男の子数名を自宅に連れ込みます。
しばらくのあいだ、子供達は容疑者の家でカード遊びをしていましたが、被害男児以外の子供が帰り、一人になってしまった際に被害にあったということです。

また、別の情報では、カードゲームをして遊んでいた子供に木村容疑者が声をかけ、被害男児だけを部屋に連れ込んだ、という話しもあります。
いずれにしろ、被害男児と2人きりになった状態でわいせつ行為に及んだ、ということですね、卑劣極まりない行動だと思います。

スポンサーリンク




母親からの通報で発覚

被害にあった男児は、自宅に帰った後、母親に「身体を触られた」と相談します。
話しを聞いた母親が、警察に通報、木村容疑者の逮捕へ至ります。

被害者が続出する可能性も

木村容疑者は、取り調べに対し、は「ゴールデンウィークの終わりごろに自宅で男の子の身体を触りました」、「幼い子どもに興味があった」などと供述し、容疑を認めています。また、供述内で他の子どもへのわいせつ行為もほのめかしていて、警察は他に被害にあった児童がいる可能性があると余罪についても捜査を進めています。

まとめ

最近男児に対するわいせつ行為が急増しています。犯行自体が増えたのではなく、発覚する件数が増えただけという見方もあります。今回の犯行現場は容疑者の自宅でしたが、児童に対するわいせつ事件はショッピングセンター内のトイレや公営プールでも報告されています。
幼い子供は何をされているのかが理解出来ず、被害にあったことすら気付いていないケースもあります。卑劣な行為から子供を守るためにも、地域の不審者情報の共有を進める等、周りの大人たちが環境を整えていくことが必要だと感じました。

福岡県春日市 女子児童から笛をひったくり逮捕 自宅からは笛12個
西沢理のFacebook 顔画像は?男子高校生に乱交パーティさせ逮捕

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする