熊本県 刃物男に警官発砲 5発中4発命中し容疑者死亡 至近距離から


命中率80%。28日、熊本県東区の住宅街で刃物をもった男が暴れているという通報に駆け付けた警官が容疑者に威嚇射撃をすることなく至近距離で発砲、容疑者が死亡するという事件が発生しました。発砲したのは計5発、そのうち4発が容疑者に命中したことになります。

スポンサーリンク




事件発生現場は静かな住宅街

警察の発表によると、事件が発生したのは28日午後4時半ごろ、最初に切りつけられた男性から「口論になった男から包丁で切られた」と通報があり、警察官が現場に向かいます。

容疑者は被害者と同じアパートに住む職業不詳の男(36)で、被害者と何らかのトラブルがあったようですが、第1の被害者を切りつけた後、容疑者は、刃渡り約15センチの包丁1本を持ったまま、切りつけを目撃した別の男性を追い掛けます、怒号を発しながら走り続け約400メートル北東にある同区下南部1丁目の熊本市消防局東消防署託麻出張所前に移動したところで警官に取り囲まれたようです。


出典:西日本新聞

警官も襲い始めた容疑者

警官に囲まれてもなお刃物を振り回し威嚇する容疑者に対し、警官は銃を出して制止しようとしたようですが、男は聞き入れることなく対峙していた男性巡査長(40)に襲い掛かります。
馬乗りになって切りつけられた巡査長は至近距離から発砲、そのうち右腕に1発、胴体に3発の合計4発が容疑者に命中、容疑者は搬送先の病院で死亡が確認されました。

警官も負傷

今回の事件での負傷者は、最初に顔を切りつけられた容疑者と同じアパートに住む男性(65)、発砲した男性巡査長(40)、巡査長は顔を3ヶ所切りつけられる重症ですが、いずれも命に別状はないそうです。

あっという間の発砲劇

刃物男は最初の襲撃の後400m近くも走り続け警官に囲まれることになりましたが、警官が駆け付けてから発砲、犯人を確保するまではわずか10分ほど、あっという間の出来事に住民は何が起きているのかも把握できず呆気にとられるばかりだったようです。

事件について、江藤真吾副署長は「被害者と警察官の生命に危険が及んだ状況で、拳銃使用はやむを得なかったと考えるが、事実関係を確認中だ」とコメントしています。

スポンサーリンク




現場には多数の血痕

男の怒鳴り声が聞こえたかと思ったら聞いたことのない発砲音、想像を絶する出来事に住民は困惑しています。

「男はすごいけんまくで、男性ともみくちゃになっていた。怖くてすぐに警察に通報した」
現場近くを通りかかった男性

「前の日が近くの小学校の運動会で、この日は代休だった。子どもが巻き込まれなくて本当に良かった」
銃声を聞いた近所の主婦

 「包丁を右手に持った男がいて、びっくりした。その後、パン、パンと発砲音が聞こえた」
 「男はゼーゼーと息を切らしていた。半袖シャツに長ズボンだったが、靴は履いていなかった」
現場近くのデイサービス施設の女性職員

まとめ

容疑者を確認してから確保に至るまで僅か10分という短時間、この間に5発の発砲があったことや、威嚇射撃ナシの至近距離での発砲など、確保に至る経緯については今後も調査が進むと思われます。
警官の拳銃所持についてはさまざまな意見がありますが、閑静な住宅街で刃物男が暴れるという凶悪な事件が発生する可能性がゼロではない昨今、さまざまな状況に対応できる装備を整えておくことも必要なのかもしれません。

【彦根警察官殺害】19歳巡査、罵倒され巡業部長を撃ち殺す ほぼ即死

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする