倒れた舞鶴市長救命の女性、感謝状を固辞「そっとしておいて」


京都府舞鶴市で開かれた大相撲の巡業の際、土俵上でのあいさつ中にくも膜下出血で倒れた同市の多々見(たたみ)良三市長(67)に救命処置を施した女性に対し実行委員会より感謝状が贈られることとなった。
心臓マッサージなど中心になり処置をした女性に連絡したところ、女性は「そっとしておいてほしい。」と断ったという。



スポンサーリンク

海外からも批判の声が。

4月4日に開かれた舞鶴市での大相撲春巡業中での一連の対応について問題視する声が上がっている。
その場に居合わせた女性看護師が土俵に上がり救命処置を施すも、行事アナウンスなどで土俵から降りるよう促されたうえ救命後に土俵に大量の塩が撒かれるなど協会の対応に国内だけでなく海外からも「女性軽視では?」との批判が相次いでいるという。

「上がっていいですか?」女性は事前に確認していた。

救命処置に入る前、女性は「土俵に上がってもいいですか?」と事前に確認していたという。
しかし、救命中に「女性は土俵から降りてください。」「男性がおあがりください。」など行事によるアナウンスが最低3回にわたり流れていた。



スポンサーリンク

穢れ?救命後土俵に大量の塩が撒かれる。

更には、救命処置後に土俵に大量の塩が撒かれたことにも疑問の声が殺到。
ツイッター上には

「大量の塩って……。人を救った女性は穢れなの?」
「女性を穢れ扱いしてる相撲自体が穢れた競技に思えてめっちゃイメージ悪くなった」

などの意見が相次いだ。

処置中にはアナウンスだけでなく、直接口頭で土俵から降りるよう指示があったとの報告もあり、女人禁制や塩を撒く理由など大相撲に残る”しきたり”について見直す時期にきているのではとの意見も出ている。

搬送後の市長の容態は安定しており、約一ヶ月の入院が必要なものの命に別状はないという。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする