西沢理のFacebook 顔画像は?男子高校生に乱交パーティさせ逮捕


出典:日テレnews24

神奈川県警は9日ツイッターで男子高校生らを募って「乱交パーティー」をさせたとして、会社員西沢理容疑者(30)=千葉県船橋市前原西4丁目=を児童福祉法違反(淫行させる行為)の疑いで逮捕したと発表しました。西沢容疑者は撮影担当だったとみられ捜査が進められています。

スポンサーリンク




西沢理のFacebook、顔画像は?

今回逮捕された西沢理容疑者はFacebookでは同姓同名が存在するものの、本人と特定できませんでした。引き続き調べていきたいと思います。

撮影目的で男子高校生を呼び出す

2016年8月13日、西沢容疑者は、撮影する目的で、自宅で当時高校1年生の男子生徒(当時15)を少年(当時18)ら男性4人と引き合わせ、みだらな行為をさせた疑いが持たれています。

西沢容疑者は撮影のみを担当していたようですが、取り調べに対し「私には身に覚えがないことだ」と容疑を否認しているそうです。

ツイッターに「乱パやるよ」

西沢容疑者が参加者募集に使ったのはツイッター、「男の中高生の乱パやるよ」と書き込み、わいせつ撮影会の参加者を募集していたようです。

男子高校生であることが参加の必須条件、希望者には事前に学生証などの画像を送らせるなどして、年齢をしっかり確認していたようです。
パーティの参加者間で金銭のやりとりはなく、参加した仲間内で撮影した動画を携帯アプリで共有していたとみられています。

スポンサーリンク




参加者が児童買春で逮捕される

「乱パ撮影会」が発覚したきっかけは、参加者の逮捕。
神奈川県警によると、昨年9月、参加者の男性(22)が別の児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで逮捕され、その際に押収したスマートフォンに「乱パ」で撮影した画像などが保存されており、西沢容疑者の逮捕につながったそうです。

まとめ

児童買春の連絡手段は日々巧妙化されており、未成年者でも匿名で「つながり」を持つことが出来る時代です。

ツイッター上の「乱パやるよ」の書き込みは、通常の感覚だと怪しさしか感じられず、反応する気も起りませんが、そこに反応してしまうところに未成年者の危うさがあるのだと思います。
本来は便利で楽しいツールが誤った使い方をされないよう、トレンドに合わせた投稿内容の監視など管理側も改善策をたてることが必要ではないでしょうか。

木村英憲の顔画像 Facebookは?男子児童へのわいせつ行為で逮捕
根本賢と羽生卓矢の顔画像!モデルへの性的暴行はナンパ塾の講習?
山口達也 無職になった今後の生活は?ジャニーズとの契約解除決定

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする