東大卒スーパーエリート 宮城県知事米山隆一は何をした?


画像引用:朝日新聞デジタル

内容は一切明かさず泣きながら辞職を匂わすという前代未聞の会見を開いた宮城県知事の米山隆一市。弁護士と医師資格の両方を持つ東大卒の超エリート知事は一体何をしたのか?

スポンサーリンク




文春砲をくらったか?

17日、新潟県の米山隆一知事(50)が、今週発売の週刊文春で自身の女性問題が明るみに出ることから辞職するとの会見を開きました。15日に文春からの取材を受け、すでに支援者に報告を済ませたところ、翌日の16日には知事選で支援してきた共産党や社民党から辞任要求の声が上がり、辞職を考え始めたとのこと。

1,2日整理する時間が欲しい

会見中、米山知事は「あと1日か2日、気持ちを整理する時間が欲しい」と述べ、はっきりと辞職するとは言いませんでした。自身の歴史的使命であるという東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市、刈羽村)の再稼働問題について触れると涙をみせる場面もありました。

内容は語らず

しかし、辞職を考える程の記事は何なのかと問う記者に対し、知事がその内容を語ることはありませんでした。時折見せる涙の理由を問われても、「涙を流す時にその理由を言える人はいない」とはぐらかし、辞職の原因は分からずじまいでした。

スポンサーリンク




東大卒のスーパーエリート

米山知事は灘高から東京医学部へ進み、卒業後は東京大学大学院経済学研究科と東京大学大学院医学系研究科で単位を取得しています。その後、放射線医学総合研究所、ハーバード大学附属マサチューセッツ総合病院での勤務を経て2003年に博士号(医学)を取得したという輝かしい経歴の持ち主。医師として14年勤務した後は政治家に転向し、新潟5区より立候補するものの田中眞紀子氏を相手に苦戦を強いられ落選してしまいます。苦労の末にようやく知事になれたのは2016年、知事就任からわずか2年足らずで辞職ということになります。

19日の会見で何を語る?

モヤモヤ感満載の会見で、知事には援助交際疑惑などさまざまな憶測が飛び交っています。
週刊誌の発売と19日に行われる会見で全容が明らかになるとのこと、続報が入り次第アップしていきたいと思います。

やっぱり援交でした。
出会い系ハッピーメールで辞職 新潟県知事米山隆一 結婚、家族は?

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする